ヒゲ脱毛は痛い?特に痛い場所や軽減する方法とは

更新日:2019年10月21日

痛みが気になって、ヒゲ脱毛になかなか踏み出せない人も多い

昨今、特に美意識の高い男性の間では一般的となってきたヒゲ脱毛。清潔感をアップさせられる上にヒゲ剃りの手間も省けるとあって、若者から壮年まで幅広い世代にその需要が広がっています。

しかし、その一方で抵抗があるという方も。単純に「男が脱毛なんて恥ずかしい」といった意識的な問題である場合もありますが、実際に聞いてみると意外と多いのが「痛みが気になる」との声なのです。

確かに、以前は脱毛といえば針を1本1本毛穴に通して電流を流す「ニードル脱毛」が主流でしたから、脱毛=痛いというイメージを持つ人は多いですよね。

では、レーザーを照射してメラニン色素や毛根にはたらきかけ、毛を生えにくくするという昨今の脱毛法はどうなのでしょうか?

ヒゲ脱毛の痛みは、体質によって感じやすさが違う

結論から言えば、光やレーザーによるヒゲ脱毛は痛いこともあります。ただし、多くのサロンやクリニックでは最新機器を用いてそれなりの対策がなされるので、痛みを最小限に抑える工夫がなされており、そこまで心配することはありません。

強いて言えば、痛みを感じやすい方には以下のような特徴があると言われているよう。

そもそもどのような痛みなのか?については、一般的に「輪ゴムで弾かれるような痛み」と言われています。

ただし、かなり痛みが強い箇所は「毛を直に燃やされているような感じ」との声もありましたので、カウンセリングで痛みへの不安を正直に話しておくのがおすすめです。

箇所によって違う?ヒゲ脱毛で痛みを感じやすい場所とは

ヒゲ脱毛は「全ての箇所を脱毛するメニュー」と「アゴや頬、もみあげなどパーツごとに施術されるメニュー」が用意されているクリニックやサロンがほとんどです。

そのため、はじめから全体的な施術を受けるつもりの方はともかく、例えばアゴ髭が特に気になるからそこだけ受けたい、予算的にも厳しいし、限られたパーツで試してみたい……といった方の場合は、痛みを感じにくい部位から初めてみると良いかもしれません。

痛みを感じやすい部位ランキング

  1. 鼻の下
    問答無用で最も痛い!という声が多いのが「鼻の下」。元々デリケートな部分ですし、特にくぼんだ中心部はどうしても涙が出る、なんて方も。痛みが弱い方は、後述する麻酔やクリームなどで対処してもらうことをおすすめします。

  2. アゴ
    パーツの中ではヒゲが太く濃い傾向にあるアゴも、比較的痛みを感じやすい部分です。鼻の下に比べればマシではありますが、こちらも気になる方は事前に相談してみてください。

  3. もみあげ
    アゴ下(首)から上に施術されるのが一般的なので、もみあげに達したところで初めて痛みを感じた、という方もいます。


  4. 頬は比較的ヒゲが薄い部分ですが、皮膚がデリケートなため痛みを感じやすい方は注意したいパーツです。

ちなみに、最も痛みが気になりにくいパーツは「アゴ下(首)」とのこと。ヒゲが濃い部分ほど痛みが強くなるのは仕方ないと言えばそうなのですが、逆にだからこそそのパーツを重点的に処理したいわけで……非常にジレンマを感じますね。

クリニックを吟味することが大事!痛みを軽減するには

このように、ヒゲ脱毛は従来のニードル脱毛に比べれば痛みが少ないとは言われているものの、未だ全く気にならないというわけではなさそうです。

ですが、自分に合ったクリニックをしっかりと選んで事前の準備を行えば、痛みは最小限に軽減されます!では、その方法を見て行きましょう。

脱毛機の中では「メディオスター」がおすすめ!

永久脱毛も可能と言われている医療レーザー脱毛ですが、使用される機器はクリニックによって異なります。代表的なものは以下の通りです。

中でも痛みが気になる方に最もおすすめなのが「メディオスター」。メディオスターはダイオードレーザーに該当する脱毛機で、冷却機能が搭載されているため自然と痛みを抑えることができます。火傷や肌荒れのリスクも低く、ヒゲ脱毛にはもってこいですね。

麻酔や笑気ガスなど、事前に痛みを抑える工夫もできる

これに関してはクリニックにもよりますが、最新機器を用いても人によっては痛みが出てしまうヒゲ脱毛ゆえに、それを軽減すべく様々なオプションを付けることができる場合も。

一般的には以下のような選択肢が挙げられるため、検討しているクリニックではどうなのか確認してみてください。(医療機関でのみ使用される方法であり、サロンでは取り扱いがありません)

笑気ガス

医療用の麻酔ガスを、特殊な機器で吸入する笑気ガス。吸うとややほろ酔い気分のような状態になり、痛みに対する不安感が和らぎます。決して酩酊するわけではありませんから、お酒に弱い方もご安心ください。ただ、痛みそのものを軽くする目的の麻酔ではないとのこと。

麻酔クリーム

照射する範囲に塗布するタイプの麻酔。表面に直接塗ることで痛みを和らげることができます。ただし、人によっては肌荒れを起こす危険性があるようなので、オプションとして付ける際にはご注意ください。

局所麻酔注射

照射範囲に直接注射を行うことで、しっかりと痛みを軽減できる局所麻酔注射。ただし、クリニックによってはヒゲ脱毛への使用は不可であったり、注射自体が痛かったりといったデメリットも存在しますから、充分注意してくださいね。

どうしても痛い!時は「光脱毛」を選択する方法も

今回は医療レーザー脱毛の痛みについて中心的にご紹介しましたが、一般的には医療レーザー脱毛よりもサロンで行われる「光脱毛」の方が痛くないと言われています。

サロンにもジェルやクリームで痛みを軽減する工夫がなされていたり、施術後は専用の化粧水や乳液などでしっかり保湿できたりと様々なメリットがありますから、身近にある場合はぜひ調べてみてください。

これは照射力が控えめだという意味でもありますから、スピーディーに高い効果を期待する方にはあまりおすすめできませんが、どうしても痛いのは嫌だ!という方は考えてみてはいかがでしょうか?

Category

recommend

RINX(リンクス)船橋駅前店

メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)新潟駅前店の口コミ・料金をリサーチ

湘南美容クリニック

メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)福岡天神店の口コミ・料金をリサーチ

湘南美容クリニック 鹿児島院

セット価格が安い!
おすすめのメンズ脱毛クリニック&サロン3選
※各店のキャンペーンやセット価格から最安のものを紹介しています。掲載価格は税抜の価格です。(2019年12月時点)

光・レーザー脱毛の相場とリスクについて

【光・レーザー脱毛の相場】ヒゲは体毛の中でも毛質が太い部位なので、生える頻度を下げるには10~20回以上の施術が必要になります。ヒゲ脱毛の平均的な価格は1回5,000円~10,000円程度で、10回コースで100,000円~200,000円ほどかかるようです。

【光・レーザー脱毛のリスク】施術を受ける際の肌質・体調などによって、火傷、硬毛化・増毛化、毛嚢炎や痛み等の副作用が出る場合があります。万が一トラブルが出た場合は、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

免責事項
本サイトは、ヒゲや体毛が濃くて悩んでいる男性のために、『メンズ脱毛撲滅調査隊』が日本全国にあるレーザー脱毛や永久脱毛が受けられるクリニックやサロンを、独自で調査しました(2019年1月現在)。最新の情報を知りたい方々は、各クリニックやサロンの公式サイトをご確認ください。